ページの先頭へ戻る

新型コロナウィルス対策・対応について

5月7日以降も新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に対する緊急事態宣言が継続されるとのことです。

当院におきましても5月末までは、引き続き患者様・スタッフの安全確保を最優先事項と捉え、以下のような対応・対策を取らせていただきます。

患者様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します。

新型コロナウィルス感染症への医院の対応

・緊急性が低い治療につきましては、最新の状況を踏まえ延期をお願いいたします。

一方で医療機関としての社会的役割も重視し、患者様・スタッフの相互感染に対して十分に注意をした上で、緊急性の高い治療や応急処置等必要と思われる治療は行なっております。

・スタッフの安全確保のため、少人数での勤務体制にいたします。また、適宜時間短縮や予約数削減などの診療体制にいたします。

新型コロナウィルス感染症への診療の対策

・患者様には受付にて体調等の確認、消毒用アルコールにて手指消毒のご協力をお願いいたします。

・待合室、診療室の十分な換気、空気清浄機の設置を行なっております。

・待合室の新聞・雑誌等の撤去や、イスを増やしました。

  上記に加え、従来から

・グローブ、マスク、ゴーグルやフェイスガードなどの個人防護具の着用。

・グローブ、紙エプロン、紙コップなどはディスポーザブルを使用し患者様毎に交換。

・タービン・ストレート・コントラアングルなどのハンドピース、ピンセット・ミラーなどの基本セットなどはクラスB及びSの世界最高水準の滅菌器にて個別包装をして滅菌・管理。

 などの感染対策をスタッフ一丸となって行なっております。

今後も最新の状況に合わせて万全の対応・対策を行ってまいります。